矯正歯科で歯並びを改善しよう|自由診療がポイント

模型

金属溶出の心配不要

白い歯

私達は歯が痛み、抜けると歯科で治療を行ないます。虫歯ができた歯は削ることが多く、あいた部分には詰め物や被せ物を使って整えていきます。その詰め物や被せ物じゃ主に金属を用いることが多く、銀歯や金歯その他にはクラウンと呼ばれる物があります。金属は劣化や変色が起きにくいと考えられているので、治療に使われていたのですが少なからず体に負担をかけてしまうのです。

金属は長い間口腔内にあると、少しずつ溶け出してきます。この現象を金属溶出または、メタルタトゥーと言われています。丈夫なはずの金属も、唾液によって徐々に溶け出してしまし、それが元で歯茎の腫れや黒ずみを引き起こしてしまいます。金属溶出が起きてしまった歯や歯茎は、健康にも良くないですし審美的にも美しいと言える状態ではありません。健康のことを考えるのであれば、オールセラミックに切り替えて治療を行ないましょう。

オールセラミックは金属よりも丈夫で、見た目もとてもナチュラルです。保険適応外の治療にはなりますが、以前に比べるとオールセラミックの費用も安くなっています。治療する歯の大きさや形によって、費用にばらつきがありましたがワンプライス制でオールセラミックの治療を行なってくれる歯科も増えてきました。昔取り付けた金属の歯が気になるなら、オールセラミックに変更しても良いでしょう。費用がいくらかかるのか知りたい場合は、カウンセリングを行なってもらうと大体の費用を把握できます。